夢想歌/Suara

作詞  須谷尚子

作曲  衣笠道雄

 

子供の頃の夢は 色褪せない落書きで

兒時的夢想啊 緊緊的聯繫著

思うまま書き滑らせて 描く未来へとつながる

用著永不退色的色筆  暢心揮灑塗鴉下所描繪的未來

 


澄み渡る空 果てしないほど青く

清澄無雲的蒼空  展現著一望無際的蔚藍

無邪気な心に 充たされ魅かれてく

純真無瑕之心  滿溢著對這蔚藍的傾慕

やがて自由に飛びまわれる 翼(はね)を手に入れて

終有一天將能入手  能夠自由翱翔於蒼空的雙翼

無垢な瞳は求めてく 空の向こうへ 行きたいな

用著無邪的雙眼不斷的祈求著  好想要前往天空的彼方啊

止め処ない願いから 一つだけ叶うのなら

正因是無止盡的期望  只要能夠實現其一的話

誰にも譲りたくはない 夢を掴みたいと思うよ

我想我絕不會把機會讓給他人  用自己的手緊緊掌握住夢想

子供の頃の夢は 色褪せない落書きで

兒時的夢想啊 緊緊的聯繫著

いつまでも書き続けられた 願う未来へとつながる

如同被用著永不退色的色筆  永遠塗鴉下去一般  己所期望的未來

 

鐘が鳴るほど 遠くから聞こえてくる

如同被敲饗的鐘聲一般  從遠方漸漸繚繞至耳邊

素直な心に 届いては響いてる

傳遞至單純的內心不斷的迴響著

光は七色に変わって 弧を描いてゆく

光芒化為七種色彩  劃出了七彩的弧線

無垢な瞳は求めてく 虹の向こうへ 行きたいな

用著無邪的雙眼不斷的祈求著  好想前往彩虹的彼方啊

止め処なく願うほど 忘れないでいたいこと

有著就算無止盡的去祈願  也絕對不想忘記的事

支えてくれる人がいて 夢を見ることができるから

 

那是因為在背後有著一直扶持我的人 才能夠像這樣懷抱著夢想

子供の頃の夢は 色褪せない落書きで

兒時的夢想啊 緊緊的聯繫著

思うまま書き滑らせて 描く未来へとつながる

用著永不退色的色筆  暢心揮灑塗鴉下所描繪的未來

 

 

 

やがて自由に飛びまわれる 翼(はね)を手に入れて

終有一天將能入手  能夠自由翱翔於蒼空的雙翼

無垢な瞳は求めてく 空の向こうへ 行きたいな

用著無邪的雙眼不斷的祈求著  好想要前往天空的彼方啊

止め処ない願いから 一つだけ叶うのなら

正因是無止盡的期望  只要能夠實現其一的話

誰にも譲りたくはない 夢を掴みたいと思うよ

我想我絕不會把機會讓給他人  用我的手緊緊掌握住夢想

止め処なく願うほど 忘れないでいたいこと

有著就算無止盡的去祈願  也絕對不想忘記的事

支えてくれる人がいて 夢を見ることができるから

 

那是因為在背後有著一直扶持我的人 才能夠像這樣懷抱著夢想

子供の頃の夢は 色褪せない落書きで

兒時的夢想啊 緊緊的聯繫著

思うまま書き滑らせて 描く未来へとつながる

用著永不退色的色筆  暢心揮灑塗鴉下所描繪的未來

 

 

 

創作者介紹

安基拉斯的冬眠島

uc0133 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()